ウサギ小屋から離れずお...


息子が保育園でわがままに振舞っていると連絡が来ました。ウサギ小屋から離れずお...

息子が保育園でわがままに振舞っていると連絡が来ました。

ウサギ小屋から離れずお勉強の時間になって先生が呼んでも来ないそうです。おもちゃを独り占めし
て他の子に取られたら叩いたそうです。またハサミもまともに使えないためハサミを使う時間は先生にやらせるそうです。

先生はハサミぐらいは家で教えろと言って来ました。でもそれを園で教えるために高い月謝払ってると思いませんか?わがままなのは保育士がしっかりしないからではないでしょうか?この保育士のせいでうちの子がどんどんダメになっていく気がします。やはり保育園を変えるべきでしょうか?

回答日時: 2006/12/28 21:42:41 回答番号: 33,793,846

その保育士は職務怠慢です。

お子さんの要求はちゃんと聞き入れられないなんてまったく問題ですね。
お子さんの欲求にはすべてその通りに応えてあげないと、お子さんの人格が
ゆがんでしまうため、早急にウサギ小屋があり、はさみの使い方を教えてくれる保育園を
変えたほうがよいでしょう

根本的にあなたは考えがずれています。確かに高い月謝かもしれませんがわがままとか・・そういう基本的なしつけをするのは親ですよ。保育園はある程度の礼儀・人間関係の作り方を学ぶところです。人間性はまた別の話です!保育園を変えてもあなたが変わらなければ無意味でしょう。
はっきりいってあなたの人間性そのものがおかしいのでは?

躾の基本や性格は、ほぼ全て親の責任ですよ。
保育園は学校ではありません。はさみの使い方を教えるところではなく、安全に預かってもらうために入れているのです。
また、学校だったとしても、躾の基本は家庭です。
いくら先生が躾ても、元がだめなら矯正は非常に難しいです。
その、「もと」を作るのは親です。子供は親を見て成長しています。
躾られると言うよりは、親を見て真似しているのです。
貴方が自分の責任を考えず全て保育園に一任しだめなところは保育園のせいにするような人だから、お子さんもわがままなのでは?
お子さんだって、「先生ははさみくらいやってくれるべきもの。こっちが客なんだから」ぐらいの精神かもしれませんよ。
もし保育園を変えたとしても、息子さんはかわらないでしょう。保育士さんが親にうるさく言うか、ただ我慢して放置するかの違いです。
お子さんは保育園の子ではなく、貴方の子です。

まず、保育園は教育の場ではなく預ける場なのではさみができないのなら、お母さんが教えましょう。
保育料ははさみなどを教える為ではなく子供を預かってもらうお金です。

わがままに振舞っているという連絡が来たのならお子さんに保育園で起きていることを聞いてみたらどうでしょうか?
わがままに振舞うことを保育師に指摘されたからって保育師がしっかりしていないとは・・・・・

親としてわが身を振り返ることを先にしてみてください。

今のままでは他の保育園にうつったところで同じことの繰り返しになると思いますよ。

他の質問を拝見させていただきましたが、お子様は5歳ですよね。

保育園で教わらなくとも、そのくらいのことは家で親に教えてもらい使えるようになりましたよ、私は。。

少しお子様の躾の仕方を学んだ方がよいかもしれません。

保育園を変えてもお子様は何も変わらないと思います。

お子さんの躾をするのは親の貴女ですよ・・・・・・・・・・

『先生はハサミぐらいは家で教えろと言って来ました。』って本当にそんな言い方をしたのではないですよね
高い月謝がお嫌なら・・・・・・お家で貴女が教育と躾をなされば言い事
貴女のお子さんがわがままなのが・・・・保育士さんのせいですか・・・・・違います
お子さんをダメにしているのは・・・・・・さて、????ですよね

ゆえに、いくつ保育園をお変えになるおつもりですか???

ところで保育園って勉強の時間ってありましたっけ?
勉強の時間が有るのは幼稚園じゃなかったですか?
厚労省管轄の保育園が勉強教えるわけ無いけどなぁ、文科省管轄の幼稚園だったら当たり前でしょうが・・・

逆に貴方の人生で、全てを幼稚園や小学校で教わってきたのだと考えていらっしゃいますか?
箸の使い方、はさみの使い方、もっといえば靴の履き方とかボタンのかけかたまで???

集団でなにかをする事を学ぶ事や、勉強の基礎を教えてくれる所が学校や幼稚園の良い所だと思っています。イチイチ家庭でできる小さな躾までも、先生方に委ねるのはどうでしょう?

うさぎ小屋からお子さんが離れないのは、何かしら理由があると思われます。
動物がとっても好きだとか、ヒトよりも動物の方が心の交流できるとか。
ハムスターも飼ってみたらどうでしょう?答えが見えるかもしれません。

保育園を何度も変えて、子供の環境をクルクル変更して

それで満足でしたらどうぞ。


はさみくらい、あなたが教えてもいいんじゃないですか?

保育園の意味をはき違えてます

この親では、子供もわがままになりそうな気がします。
まずはご自分が少し変わってみたらどうでしょうか?

はさみの件ですが家で教えるというよりは、一緒にはさみを使って色んなものを作って遊んであげるというのはスキンシップの上でも必要なことではないでしょうか?

他の子供とコミュニケーションがとれないのも、取りかたを親からも学ぶ事が出来てないのではないでしょうか?
お仕事も大変でしょうが、お時間を少しお子さんの為に使ってあげられませんか?
保育士を変えても、お子さんのわがままは治らないと思います。
親の愛情が足りないのは、他人では補えませんから。

小動物飼育マニアです。ウサギ、ハムスター、フェレットが大好きです。ペットに...

小動物飼育マニアです。
ウサギ、ハムスター、フェレットが大好きです。
ペットに直接かけるタイプの消臭剤で安全で良く効くものを探しています。

納豆菌系消臭剤は口からも自然と納豆菌が入って動物の寿命を延ばすと聞いた事があります。私は犬に使ってます。よく効きますよ。

マニアとおっしゃるからには
匂いも満喫して下さい。
あと、アヒルもかわいいので飼ってみて下さい。

保育園でヘビを飼ってもらうようお願いしました。今息子の通っている保育園ではウ...

保育園でヘビを飼ってもらうようお願いしました。

今息子の通っている保育園ではウサギとモルモットを飼っています。

子供たちに食物連鎖、命の大切さを肌身で感じてもらうために、一緒にヘビとウサギを飼ってはどうか?

という提案を保育園側に要求しました。

すると子供たちには刺激が強すぎるし、下手すれば動物虐待に問われる可能性があるとして却下されました。

今でもニワトリを殺生する家庭はあり、罪には問われないのになぜ命の授業である私の提案は

虐待なのでしょうか?



全くもって理解しがたいです。

ウサギを食べるようなヘビは大型で、実際保育園では飼えないでしょう。
ハムスターとヘビ、ならわからなくもないけど。
ただ、実際問題刺激は強いと思います。
食物連鎖を教えるとして、無難にメダカとザリガニとか。カエルとハエとか。
あんまり血がでろでろ出ないやり方から始めていく方が良さげ。

まあ生で食物連鎖見せないでも、映像で十分だと思います。「世界丸見え」のライオンがシマウマを襲うのだって十分、食物連鎖、命のつながりを子供たちに教えていますし。保育園でヘビなんて飼われたら、ヘビが苦手な人は不快になるだけなので飼わないほうがいいですね。

なぜ、そこにシマウマとライオンもいっしょに飼うよう提案しなかったのですか?

蛇をあなたが買って寄付すればむげに断ったりはしないでしょう。
そのくらい熱意を伝えてはいかがですかね。

まぁ子供のストーカーしてるのにパートもやってて忙しいから無理ですかね^^

自宅で試して、お子様に良い結果がでたら保育園に良い結果がでたので、と提案すればより通るかも。。。。。。。。。。。。まずは、自分で試してみたら。

食物連鎖のおきてを知るのは幼稚園ではまだ早くないでしょうか?
虐待ではないと思いますが。
ヘビを飼っているところはあるんではないでしょうか?
ただあなた様の他の質問を見ていて、あなた様がご子息の通っていらっしゃる保育園の保育士に疑問を感じるのは理解できます。
すこし考え方に偏りのある保育士さんのようですね。

ウサギを食べさせたいのなら、それなりに大きくて強い蛇を・・・ってことですよね。
そんな蛇、実際に飼いきれますかね???

だったら、カエルとハエとか、肉食魚と小魚とか・・・
そっちのほうが現実的では?

食物連鎖や命の大切さを教えたいのなら、
ご自分の自宅で生きたニワトリをさばいて焼いて、園児たちにふるまってはどうですか?
あ、でも私はマグロの一本釣りと解体ショーでも見せてもらったほうが嬉しいかも。
それだったら子供を連れて参加したいなあ〜〜〜。

ウサギやモルモットは可愛くて園児に人気があるので生で捕食されてる所を見たらショックで泣いちゃいます。
カメレオンと昆虫、ザリガニと魚などを提案されてみてはどうですか?ウサギ程ショックはないと思います。
私個人としてはミクsanとオオニシキヘビのツーショットが見て見たいので、機会があったら園児達の前でお願いします★

食物連鎖を教えるなら、ライオン、シマウマ、草、昆虫、プランクトンと全て飼える環境の方が良くありませんか?
んで、卒園記念に、ライオンを絞めて、皆で食べると。

みくだましさん、しめたライオン汁、食べられますか?
教育を真剣にしたいならそこまでしないとね。

そのくらいの大きさの蛇って赤ちゃんも食べちゃいますよ
人間の赤ちゃんも食べるんです
口はあなたの頭だって入るくらいがば〜〜〜〜と開きますからね
アナコンダやインドニシキヘビなんか飼って見なさいよ
幼稚園児みんな食べられちゃうから

あなたのお子さんも食べられてしまいますよ
それでも飼って欲しいのですか?
保育園の先生だって怖くて近寄れないと思います
蛇の締め付けって大人の男が数人で引き離すほどの力の強いのだっていますよ
アマゾンのアナコンダ君なんか大人だって飲み込まれそうになるってくらい危険です
ランキングクイーンおめですw

カミツキガメを飼って欲しいとか
ピラニアを飼って欲しいとか言わないの?

質問者様本人がヘビと同じ空間に入り一緒に過ごせばいいと思います。
幼稚園で披露したいのなら是非そうして下さい。
命の大切さを肌身で感じさせることは質問者様がすればいい事です。
他の生き物をあえて犠牲にする必要はないです。
そうすれば虐待など気にする必要もないです。

まずは、蛇と息子を同じ水槽で飼ってみてはいかがかな???

何もおこら無ければ実録ビデをを保育園の園長に見せて蛇飼育を了承してもらいましょう

自分の家で飼って、毎日観察する方が息子さんのためではないでしょうか?

保育士の言動がいちいち気に入らない以上、あなた自身がいのちの授業を授けてあげてください。

あなたは優秀なようですし、子供を育てるのは親です。

個人的には、みくだましさん自身が命を張って命の大切さを子供たちに伝える方が、子供たちには

印象に残るのでは?

偉いなあ、教育熱心で。

ヘビとニワトリとあなたが一緒のオリに入れば良かったのに。

んー、この質問は残酷すぎます。。。

私だったら、無理してでもコアラかパンダを保育園で購入してくれる様、日々せっつきますが・・・
高い、高い買い物ですから。飼育員や飼育環境も確保しなければいけませんし。
もはや、世間から忘れ去られる一途にある、レッサーパンダの<風太くん>を購入する様、保育園に働きかけてはいかがでしょう?
これなら、虐待とはとられないのでは?

貴方なら、そう考えるのは当然ですね。
うん〜しかし、貴方の何処をどう押せばこの様な質問が出てくるのかな〜
1度貴方の乳首を押したいね(笑)

またどうして世間に背を向け生きて行こうとするのかな。
また何時頃からこの様な考えを持つようになれたのかな。

何れにしても貴方の質問は人気が有りますね。

私は22才の男性です。静岡県中部に住んでいます。最近仕事が忙しく、癒しのない...

私は22才の男性です。静岡県中部に住んでいます。最近仕事が忙しく、癒しのない生活です。そのため生き物を飼いたいと思いました。ただ、犬や猫のような動物はアパートのため飼うことが出来ないので、リクガメを買うことを健闘しています。

私が家(アパート)にいる時間は平日で7時から時から22時まで、休日は不定期ですが朝から晩までいます。泊まりで遊ぶこともあるのですが。

リクガメはこのような生活環境でも生きていける動物でしょうか?また、私の部屋のスペースから考えると100×100センチほどの狭いスペースでしか飼育できません。この狭いスペースでも有意義に過ごしてくれるような種類の亀は存在するのでしょうか?

朝晩の冷え込みなども気にかかります。

わりと寒さに強くて、なおかつ全長30cmくらいまでしか成長しないような亀はいますでしょうか?ご回答よろしくお願いします。
私も良く似た環境で生活していて、飼育できる生き物が「声を出さなくて毛が生えていないもの」という条件があり、
その結果選んだのがリクガメでした。

リクガメは日本で野生としては存在していませんよね。これは日本の気候では生きていけないから。ですから
リクガメを飼育するには、多少お金を掛けて、彼らが十分に活動出来る環境を作ってあげないといけません。

飼育スペースですが、小型種ならそれで十分でしょう。うちは甲長7cm(大きくなっても20cmまで)の
ギリシャリクガメですが、90cm×50cmの手作りケージの中で毎日ヨチヨチと歩き回っています。
休日は部屋で放し飼いです。夏は公園に連れて行く事も有ります。

他にも床材、紫外線ライト、ヒーター、温度を制御するサーモスタッドが必要です。サーモの中には照明を決まった時間に
オンオフしてくれる機能がついた物が有るので、それがオススメです。

寒さに強いといわれている種もいますが(ロシアリクガメ等)ヒーターなしでは飼育不可能です。

そんなわけで、私がリクガメを飼育開始する時に投資したのは

ケージ 手作り 5000円
紫外線ライト 20w2本 各3000円
ライトホルダー(熱帯魚用) 4000円
ヒーター 60w2個 各3000円
ヒーターホルダー 2個 各1500円
床材(ヤシガラチップ10L) 1500円
サーモ 6000円

そして、床材、紫外線ライトは6〜12ヶ月に1度は交換しなくてはいけません。あと、電気代は毎月
1000〜3000円程度かかります。ヒーターはケージ内を常に28度で保っていますし、紫外線ライトは
朝7時から夕方4時まで照射しています。餌はうちの場合完全草食なので、小松菜やニンジン、その辺に生えている
タンポポやオオバコを与えています。私も小松菜やニンジン、モロヘイヤを食べますので、カメに掛かる食費の
実質は月に500円程度だと思います。


とにかく、もっとご自分でいろいろ情報を収集してみて下さい。あなたのライフスタイルをそれほど変える事なく
飼育できそうでしたら、(きちんと飼育すれば)長生きしますし懐きますし、かわいさこの上ない相方になりますよ。
オススメの種はギリシャリクガメ(アラブギリシャを除く)とロシアリクガメです。どちらも20cmを
超える事はないですし、草食なので餌に苦労する事は少ないです。(雑食の種はコオロギとか与えなきゃ
ダメですから。。。)

あと、もうひとつ。個人的にはこれが一番重要だと思います。
リクガメを診察出来る病院が近くに有るかどうかです。1分刻みで症状が悪化しますので、いざという時に
すぐに診てもらえる病院を探しておいて下さいね。

追伸
臭いですが、犬や猫よりニオイません。毛が生えていないですからね。以前、お隣の方がウサギを飼っていて、
うちのカメと一緒(笑)に散歩に行っていたのですが、「カメって臭くなくていいね」といわれました。
また、ウンチですが、草食リクガメのウンチは犬や猫に比べるとそんなにニオイません。ウサギのウンチみたいに
コロコロしているので、放し飼い中にウンチしても、見つけたらすぐに撤去すれば大丈夫です。ただ、体調が優れなく
やや下痢気味だったりして、それをカメ自身が踏みつぶしたときはものすごく臭いです。。。。


ただ、一番いいのはペットショップで聞いてみることだと思います。

>最近仕事が忙しく、癒しのない生活です

 ならば、ドジョウが癒されます。

>朝晩の冷え込みなども気にかかります。

 なおさら亀よりドジョウが断然強い。もしくは、和金なども。

>家(アパート)にいる時間は平日で7時から時から22時

 派遣かバイトの夜勤専属ですね、きっと。ならば、昼はペットのことを考えて、
暗くならないように部屋のカーテンを開けっ放しで寝なければなりませんよ。

>100×100センチほどの狭いスペースでしか飼育できません。
 この狭いスペースでも有意義に過ごしてくれるような種類の亀は

 いません。そのスペースならば、ドジョウか、エサ金を飼ってあげてはいかがでしょうか

一人暮らしの癒しの友として、亀さんはちょっと寂しくはありませんか。自分なら、ハムスターやウサギがいいと思います。吠えないし、臭いも気にならないし、なんと言っても夜行性だから、帰ってきた頃に遊んであげられますよ。触りごこちも良いし、人懐こいのも可愛いですね。ハムスターなら、鳥かごのスペースで飼育できますよ。亀の情報じゃなくてゴメンナサイ。

リクガメを飼うスペースとして狭いですが、飼えないことはないでしょう。・・・有意義ではありませんが・・・
休日に外に遊ばせてやればよいです。(もちろん暖かくなってから)

大きさが30cmくらいのものは沢山います。
ギリシャなどは飼いやすいでしょう。

寒さ対策にヒーター(一日中付けっぱなし)と日光浴代わりのスポットライト(最低1日10時間)は欠かせません。タイマーを使えば可能ですよね。

しかし、
一時の思いで飼われるのはお勧めしません。
リクガメの寿命をご存知ですか?
上手に飼うと50年ほど生きます。
おじいちゃんになるまで、ずっと世話が出来ますか?
途中で飽きたりしませんか?
また、草食ですので、お野菜が高騰する時期には食費がかなりかかります。
うちではワンコより食費がかかっています。

長い生活設計のもの元に考えてください。
でも、ちゃんと考えて飼われるのならば
結構可愛いですよ。
ちゃんと人を覚えてよってきますし、動作など愛嬌たっぷりです。

追加
ウンチはかなり臭いです。
狭い部屋でニオイがこもると息苦しくさえ感じます。
まあ、生き物ですから、出すものがあるのは当たり前なんですが、これも念頭において考えてくださいね。

リクガメは以下の理由であまりおすすめしません。

1. WCがまだ多い。愛玩動物として流通している爬虫類のほとんどはペット用に人工下で繁殖された種です。けれどもいくつかの例外がありカメレオンやリクガメはそのうちの一つです。つい先日まで、アフリカ等の自然の下で暮らしていた生き物が捕獲され、ペットとして販売されています。従って、猫や犬、ハムスター等を飼育するのとは異なる意味で自然に負荷を与えていることになります。

2. 健康上の問題を起こす事が多い。リクガメ類は寄生虫や結石といった特有の問題を抱えており、これらを回避、もしくは乗り越えていくにはスキルと爬虫類に詳しい獣医さんの助けがどうしても必要になってきます。

3. 餌の手間が大変です。肉食、雑食、草食の中で最も飼育しやすいのは肉食動物です。多くはマウスかカルシウムを振りかけたコオロギを与えていれば、問題なく飼育できます。草食動物の場合は話は異なってきます。個体の好み(1匹1匹に好ききらいがあります)にあわせて、時期折々に入手できる植物を選択し、適切な配分で餌を与える必要があります。ペットショップ等では短期間しかキープしないので、餌に神経を配らなくてもすみますが、長期飼育する場合はこれを怠ると健康に問題がでてきます。

4. 予想外に活動的です。カメは爬虫類のなかで最も活動的な動物です。「最低限」、甲長の6倍の幅を持つ飼育スペースが必要です。鳴声は出しませんが、飼育環境と個体のサイズによっては甲羅がケージにあたるゴトゴトといった音が問題を起こす事があります。

犬や猫は大変だけど、リクガメなら大丈夫!と思って飼う人がたくさんいますが、そんなことはありません。リクガメの飼育には犬・猫とはタイプの異なる高いハードル(しかもかなり高い)を超える必要があります。

リクガメはまだ消費的飼育が続いている動物で、かつ愛玩動物としての利用が絶滅の危機の理由としてあげられている生き物です。(もちろん他にも現地の環境破壊や乱獲も理由にあげられています)残念ながら、どうしてもリクガメじゃないとダメだという方以外には飼育は薦められないというのが現状です。

爬虫類の中ではおすすめはヘビです。他の生き物と比べた時、比較にならない程ペットに向いている種がいくつかあります。





| うさぎ | .

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。